スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘルシンキ2日目。

朝6時に起きる。
昨日、間違えて夜中の12時頃目覚ましが鳴ってしまったんだけど
外を見てみたら「やっと夕方」くらいの空の色だった。
時間がよくわからなくなるね。不思議だ。

CIMG1278_convert_20090720185903.jpg

さっそく朝ごはんへ。
朝だけど、地下にあるのでキャンドル灯るムーディなホテルのレストラン。
洞窟風。ピザの窯風。
誰もいなかったけど料理はセットされてたので、とりあえずぱくぱく食べる。
パンとコーヒーがおいしい。パンは全粒粉!たぶん!
そのうちにスタッフの人がやって来た。
お先にいただいてます~。

さて、もりもり食べて出発しんこー。

まずホテルを出て、歩いて10分くらいのマーケットからフェリーに乗ることに。

CIMG1283_convert_20090724151542.jpg

野菜や果物を売ってる屋台が出ているマーケット広場を歩く。
ちなみにここは映画「かもめ食堂」で小林聡美さんが食材を買うシーンで登場。
ストロベリーやブルーベリーに混ざって白いベリーがあった。
透明でクリオネのよう。
おみやげのトナカイの角で作ったカップ(高級品)や織り物なんかも売ってる。
そして頭上にはすごい数のカモメ。
そこを通り過ぎ、フェリー乗り場へ。
ここからスオメンリンナ島という、フェリーで15分くらいの島へ向かいます。
チケットを買ってフェリーへ乗り込む。
(チケット往復 3.8ユーロ)


CIMG1312_convert_20090724152325.jpg


小屋、そして海…。この景色、ムーミンの漫画とかで見た気が。
本当にこういう感じなんだ!
きゃーきゃーと心の中ではしゃいでるうちにスオメンリンナ島に着く。
観光客がたくさん乗ってたんだけど、島に着いたら一気にばらけて、とりあえずひとりでてくてく歩く。

昔はここがフィンランドの南側を守る要塞だったらしい。
大砲や砲撃をする穴ぐらのようなものがたくさんあったけど、今はとってものどかな雰囲気。
教会や美術館もあり、子どものいる家庭優先で居住できる人気スポットとのこと。
そして、さりげなく世界遺産です。

ゆっくり島を散策しました。

CIMG1286_convert_20090726224746.jpg

シリヤラインとしらかば風のおしゃれベンチ。

CIMG1287_convert_20090726224929.jpg

フェリーを降りた直後は人がたくさんいたのに、この後、あっという間にひとりになった。


CIMG1299_convert_20090726225125.jpg

いい感じに写真に写りこむカモメ。他カモメ写真多数。

CIMG1307_convert_20090726225249.jpg

初めて見た・座りカモ。

のんびりして、いいところです。ちょっと寒いけど。
特にきれいでもない渋い花を摘んだり、良い形の石を探したり、人の家のきれいな窓枠を眺めたり気ままに楽しく過ごす。

1時間くらい散歩して、フェリーに乗ってマーケットへ戻ります。
そこから少し歩いて、ヘルシンキの買い物通りと呼ばれる「エスプラナディ通り」へ。


CIMG1553_convert_20090730220859.jpg

ムーミンの布を買いました。13ユーロ/mくらい。

楽しくなってきた私は「ららら~♪」って感じになり、この後の予定をちょっと変更し、マリメッコのファクトリーに行ってみることにしました。
地下鉄とトラム乗り放題のツーリストカードというのを購入し、地下鉄に乗ってファクトリーへ。
ここはその名の通り、マリメッコ製品の工場があるところ。お店も併設。
普通の直営店より、生地や洋服などがちょっとお買い得になっているという、マリメッコ好きにはかなり「フンフン(鼻息)」なスポットなのれす。

CIMG1317_convert_20090730181823.jpg

オレンジが基調の地下鉄。なぜか途中で乗客全員降りて、誰も乗ってません!!
回送かと思ってびっくりした~。普通にみんな降りただけだったけど。

CIMG1318_convert_20090730181931.jpg

地下鉄「ヘルトニエミ駅」徒歩10分くらいのところにあるマリメッコファクトリー。
ここにはもう1回行きたいなー。すっごく楽しかった(^o^)
シーズンが終わった生地などが6ユーロ/m~あって、うれしすぎます。
もちろん新作はそのままの値段だけど。
わくわくしながら、でも荷物のことを考えて、じっくり見ていくつか買ってきた。
(それらは今、うちのふとんと座イスカバーなどになっています)
あとマリメッコ定番のボーダーのシャツや、友だちの結婚祝いなどまとめて買う。
わりとたくさん買ったのでTAX FREEの手続きもしてもらった。
北欧は税金が高いから、ちょっとでも還ってくればラッキー。

でもここでちょっと残念な出来事を目撃…。
それは、短パンおっさんの万引き。
可愛い靴下をわしづかみにして、ポッケに入れてた…。
見ちゃったけど。。注意するの怖いし。。
おっさんと目、合ったし…。小心者のわたしを許してー。
ぷりぷり、まったくやめてほしいわ。
そんな可愛い靴下、お前には似合わん!!(←そういう問題ではない)
と、ちょっと物騒な出来事を見てしまったけど、今回の旅でひやりとしたのはこれくらいだった。
あとはほんと、おだやかだったんだけどな~。

気を取り直して、マリメッコを堪能した後、地下鉄に乗って市街へ帰ります。
昨日、空港からのバスで一緒になった女の人と待ち合わせをしていたのです。
さっきのエスプラナディ通りにあるステキな「カフェ・アアルト」(←カモメ食堂にも出てきた)で待ち合わせです。
無事ルミコさん(仮名)と落ち合い、わーわーと再会を喜ぶ。
そして夕ごはんを食べにガイドブックにも載ってる「ラッピ」というお店へ。
本で見てから食べたい!と思っていた“前菜盛り合わせ”を頼む。

CIMG1324_convert_20090730182130.jpg

前菜の盛り合わせ。47ユーロ。2人前です。

中身はサーモンのマリネ、きのこのクリーム和え、トナカイのスモーク、パン(2種・揚げてある)、魚の卵とチーズの冷たいの(なんだこの語彙の少なさは…il||li ○| ̄|_)、などなど。
でお味は・・・
むむ…ッ
う、うまいぞ!!
どれもおいしい~日本人の口にも合う合う。
特に魚の卵のやつをパンに乗っけて食べるとうまーい。
だがしかし
フィンランドの伝統料理は、そんなに簡単に我々に心を開いたわけではなかったのである。
ルミコさんと盛り上がりつつ、食べ、料理も中盤に差し掛かった頃、恐怖の瞬間が…。
それはトナカイの干し肉。
食べた瞬間。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

しばらくして。

「あああああああああああ。」(パニック)

これには驚きました。なんつー獣くささでしょうか。
ウサギ<熊<<<<(超えられない壁)<<トナカイ。みたいな。
女子2人は急に無言になり、ルミコさんなどは
「あの、あれ、スリラーのマイケルが狼になるところ。それになりそう~~(泣)」
などと懐かしのスリラーを思い出す始末。
て、ことでこれには撃沈しました。関係ないけど、マイケルよ、安らかに眠れ…。

そんなこんなで、フィンランドの伝統料理を満喫した私たちは外を少し歩くことに。

CIMG1315_convert_20090730182527.jpg

3人の鍛冶屋像。
うちのおばあちゃんがこの写真を見て「風邪引くからなんか着たほうがいいね。」と、心配してましたよ。

CIMG1330_convert_20090730182415.jpg

午後8時。朝よりも天気の良いヘルシンキ。

外を歩いていると、日本人のおじさんに声を掛けられ、なんとそのおじさんとわたくしは明日一緒にアラビアファクトリーへ行くことに…!
なんという展開。なんつーか…。いいけど……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。